「キングオブパスタ」小史

(2018年11月30日)

~高崎まつりから第9回まで~


高崎には県外から来たお客様に紹介する名物料理がないと言われ、新しいメニュー開発に、生産者や飲食業界が熱心に取り組んでいた。平成15年度に「高崎うどん」が開発され、高崎の「粉もの文化」が注目された。キングオブパスタが始まる頃、平成18年の合併によって高崎市が拡大し、高崎の食文化も幅が広がった。

 

そうした中、高崎まつりで地元産食材を使った創作料理コンテスト「テイストオブたかさき」が行われ、もつ煮やおっきりこみなど、高崎の食文化の見直しやフルーツを使ったスイーツなど6次産業化もつながる取り組みも出品された。新メニューの普及と定着は難しいとされてきた。

 

「テイストオブたかさき」は、高崎まつりを支える青年団体の持ち回りで実施されており、3年目は高崎青年経営者協議会が担当することになった。ここに高崎パスタによる食イベント「キングオブパスタ」が産声を上げた。今では「高崎の名物はパスタ」と市民が自慢できる食文化として「パスタのまち高崎」が浸透している。毎回、個性的なパスタ店が出店し、高崎パスタの話題店やトレンドが楽しめる。

 

高崎まつり「テイストオブたかさき」

2007年(平成19)8月4日(土)・5日(日)

2008年(平成20)8月2日(土)・3日(日)

地元産食材を使った高崎の新しい創作料理コンテスト「テイストオブたかさき」が高崎まつりに合わせて群馬音楽センター横で行われた。2007年の来場者は6千人で売上は99万3,500円。もつ煮、パスタ、畜産加工品などが出品される中、投票によるコンテストで、グランプリは里見フルーツジュレ、準グランプリにてるちゃんのよくばり焼きそば(高崎産野菜を使ったやきそば・JAたかさき)が選ばれた。

 

野外の本格パスタは初体験 高崎パスタを打ち出し大反響

第1回キングオブパスタ(高崎まつりイベント)

2009年(平成21年)8月1・2日 もてなし広場

「テイストオブたかさき」の企画としてキングオブパスタが登場。高崎市内のパスタ店が出場。食券(400円)を購入、各店舗のパスタを食べ、一番おいしいと思った店に投票する。1日目は 1,200食の大盛況。野外での本格的な調理と一日に1,000食以上も提供するのは誰も体験したことがなく、とまどいながらも各店の料理人はプロの腕を見せた。初日で二日分の食材を使いきった。二日目は受付開始前から約200人の列ができ、1,800食を出し、主催者もあまりの反響の大きさに驚いた。来場者は「どれもおいしく、どの店舗に投票していいのか悩む」と話していた。

【結果】優勝=ボンジョルノ(ハーブで育った地ポークカチャジョーネ)、2位=ラビッシュ、3位=ラルパ・ディ・キャメル

 

第2回キングオブパスタ

2010年9月20日(月・敬老の日)群馬音楽センター前広場

「響かせよう! 魅力ある高崎〜パスタと音楽のハーモニー〜」をテーマに高崎音楽祭とのコラボレーション、高崎青年会議所のJCフォーラムの位置づけで開催した。

一皿200円で最低5店舗以上の料理を試食。各店舗の食数を来場者ポイントとし、それに特別審査員のポイントを合算して集計した。参加店は10店。来場者数は約4,000人。

【結果】優勝=シャンゴ、特別賞=アルコバレーノ

 

「パスタのまち高崎」全国に浸透

第3回キングオブパスタ

2011年11月3日(金・祝) もてなし広場

5食セット1,000円のチケットを販売。その半券を投票券とした。開場2時間前の午前9時頃から徐々に並び始め、開場1時間前にはもてなし広場を1周するほどの長さになり、群馬音楽センター方向まで伸びた。3時間以上待った来場者もいた。もてなし広場周辺の混雑により、実行委員会への批判もあった。

ステージでは高崎音楽祭によりイタリア音楽のコンサートもあり、イタリアムードを盛り上げた。参加店は17店舗。来場者数は5,500人。

【結果】優勝=アルコバレーノ、2位=ラビッシュ、3位=イル・クオーレ

 

第4回キングオブパスタ

2012年11月23日(金・祝)高崎競馬場跡地

キングオブパスタの知名度が高まり、全国からの集客が本格化した。高崎に宿泊する遠方の来場者も。参加店は21店、来場者は7,500人。

【結果】優勝=シャンゴ、2位=カーロ、3位=イル・クオーレ

 

エリア拡大しまちなかに回帰

第5回キングオブパスタ

2013年11月10日(日)もてなし広場

チケットを3食セット1,000円で販売。まちなかの活性化イベントとして、まちなかで開催してほしいと強い要望も受け、もてなし広場で開催。待ち行列は会場南側区間の道路を歩行者天国にすることで解決をはかり、まちなかとの連携・回遊性も強化した。

参加店は15店。来場者数は7,500人。

【結果】優勝=バンビーナ、2位=高崎リングロード、3位=リュスティーク

 

第6回キングオブパスタ

2014年11月9日(日)もてなし広場

チケットは5食セット1,500円で販売。参加店は15店、来場者数は9,200人。

【結果】優勝=カーロ、2位=シャンゴ、3位=洋麺亭

 

高崎パスタ大使にゆりもりさん

第7回キングオブパスタ

2015年11月15日(日)もてなし広場

大食い選手権で上位入賞を果たしている群馬県在住のフードファイター石関友梨(愛称ゆりもり)さんを高崎パスタ大使に任命し、高崎パスタを盛り上げる。参加店18店。来場者数9,500人

【結果】優勝=ラビッシュ、2位=アジト、3位=ボンジョルノ

 

第8回キングオブパスタ

2016年11月13日(日)もてなし広場

参加店= 18店。来場者数10,500人。

【結果】優勝=グルー、2位=西口18番、3位=シャンゴ

 

第9回キングオブパスタ

2017年11月12日(日)もてなし広場

参加店= 18店。来場者数10,500人。

【結果】優勝=ボンジョルノ、2位=バンビーナ、3位=シロツバキ

 

 

高崎の都市力 最新記事

景観が高崎の“思い”を未来につなぐ(3)

まちづくりの取り組みと景観

高崎駅東西ペデデッキを活用

高崎の都市イメージをつくる「高崎の顔」

  • シネマテークたかさき
  • ラジオ高崎
  • 高崎市
  • 広告掲載募集中