仕事と子育ての両立をめざすリモートワーク

(2020年05月31日)

NPOHalekula 土井さん

働く女性にとって、結婚・妊娠・出産・育児といったライフステージの変化には、予期しないことや不条理なことが起こり、切実な想いが生まれることがある。

 

土井小百合さんは、夫婦で立ち上げた映像制作会社「8hammer合同会社」の代表兼プランナーを務める。インターネット向けの動画制作やメディアの企画・運営の代行などを営業メニューとして活動する。

 

「動画の情報発信力に注目する人は多く、企業や自治体、店舗、個人など需要は拡大傾向にあります」と話す。高崎市のブランド・シティプロモーションの一環で農業の魅力を伝える農業系YouTubeの動画制作も手掛けている。

 

「8hammer」を立ち上げる以前、小百合さんは埼玉県に本社を置く映像制作会社で、約9年間にわたりブライダルを中心とした動画の企画・編集等に携わってきた。同僚だった夫と結婚し、第一子を妊娠。出産後の育児休暇中に、夫の地元の群馬にある事業拠点に異動願いを提出したが受理されずに退社した。そして、第一子の女児を保育園に預けられるようになると、子育て世代が多く働く美容系の仕事に転職。しかし、想定していた以上の長時間労働や休日の出勤を求められ、「子どもとの時間を大切にしたい」小百合さんは退職した。

 

このことがあって、小百合さんは仕事と子育てをうまく両立できる方法を模索し始め、インターネットを使った在宅ワークなら、時間を融通しながらそれがかなうと考えた。

 

そして、群馬県内の子育てに関する行政情報や施設や店舗、イベント等の情報を発信する子育て支援サイトを準備し、その情報収集や記事の作成については、子育て中のママ達に担ってもらう。こうしたビジネスモデルを描き、その推進のためにNPO法人『Halekula (ハレクラ)ハワイ語で「学び舎」「校舎」の意味』を設立した。

 

「ライター未経験者でも、経験豊富な編集長のフォローを得て、プロフェッショナルへと成長できる研修システムがあります。初期投資不要なので、安心して参加していただけます」と話す。支援サイトのプレオープンは4月下旬。本格オープンは10月を予定しており、賛同者や協賛企業を絶賛募集中だ!

 

 

特定非営利活動法人 Halekula

住所:高崎市本町48

8hammer合同会社

https://8hammer.com

高崎商工会議所『商工たかさき』2020年4月号

高崎の都市力 最新記事

  • シネマテークたかさき
  • ラジオ高崎
  • 高崎市
  • 広告掲載募集中