北欧の高品質な商品を提案

(2018年10月30日)

株式会社アペックス

アットホームなオフィス自由闊達な社風

上並榎町の閑静な住宅街に建つ一軒家。周囲の景観に溶け込んだ建物の内部は、1・2階が吹き抜けになっていて開放感があり、無垢材や木目をいかしたナチュラル系の家具などの効果もあって、住まいのような居心地のよさが感じられる。

社員数35名。カジュアルな服装で生き生きと働く姿に自由闊達な社風が伝わってくる。「取引先等の紹介などで、海外貿易の経験者や留学経験者が自然に集まりました。彼らは仕事を楽しみ、実力もあります。自己主張が強く、それぞれ自由に見えますが、いざというときの結束力が素晴らしい」と話す芳子ビューエル社長。

「取引先の99%は県外。交通の便がよくて豊かな自然がある高崎を自慢したくて、取引先の人たちに足を運んでもらっています」と、地元愛は人一倍だ。

 

 

北欧大手ブランドの日本代理店

株式会社アペックスは、“世界中の人に、より豊かで幸せな時間と空間を届ける”を企業理念に掲げる。世界的に有名なデンマークブランドなど北欧大手メーカーの日本代理店として、北欧発のワンランク上の暮らしを潤す商品を取扱う。

具体的には、多くの公的機関の厳しい基準をクリアした寝具ブランドの『Danfill(ダンフィル)』、ホームアクセサリーや家具を開発し、実用的かつ洗練されたデザインの製品を提案する『MENU(メニュー)』、使いやすさとユニークなデザインが人気のキッチンブランド『Magisso(マキッソ)』、職人が一つ一つ折りたたんで作る星や雪などをモチーフにした照明機器などの『INMARK(インマーク)』、希少種のゴットランドシープの特徴をいかし染料を使わずに丁寧に仕上げたブランケットやストールのブランド『Silkeborg Plaige(シルケボープレイド)』などがある。

 

 

売れる仕掛けを作る企画提案型ビジネス

こうした商品をネットやテレビ、カタログ等の通販で紹介し販売する。特に、世界最大級のテレビショッピングQVCをはじめ、テレビ東京、フジテレビ等で寝具ブランド『ダンフィル』を紹介した時は、枕だけで45万個以上を販売し、国内リゾートホテルや旅館に広く導入され、同社の業績を飛躍的に拡大した。

「モノがあふれている時代だからこそ、モノの背景にあるストーリーに光を当て

ることに意義があり、共感が消費行動を後押しします。どんな想いや視点からその商品が生まれたのか、どんな素材にこだわり、どんな工夫が施されているのか、丁寧にリサーチして消費者に分りやすく伝えることが大切」。

テレビ局や通販会社を取引先として、商品にまつわるストーリーを描いた通販番組を制作し、売れる仕掛けを作る。こうした企画提案型が同社の強みといえる。

 

 

ノウハウの蓄積からエキスパートへ
そして北欧との出会い

芳子ビューエル社長は、8年半のカナダ滞在を経て家族と日本に帰国後、平成元年に夫妻で株式会社アペックスを設立。平成3年から、英語力を活かし、中小企業の海外業務代行サービスを開始すると、NASAから宇宙食を購入したい、まだHMVもタワーレコードもない時代に、アメリカでのリリースと同時に日本でCDやミュージックビデオを発売したい、中国から墓石を輸入したいなど様々な案件が飛び込み、その要望に手探りで応えるうちに、輸出入の知識やノウハウが徐々に蓄積されるようになった。

それを武器に、芳子ビューエル社長は、平成9年には独立行政法人JETRO(日本貿易振興機構)の輸入専門家の試験に合格し、北米、北欧/ヨーロッパ、オセアニアに派遣される機会を得た。その地域の有望なメーカーや商品を見つけ、展示会や輸入セミナーを通して日本に紹介するという職務を果たし、その経験が現在のビジネスへとつながっている。

 

メーカー機能を備え商品開発に挑む

平成24年11月、同社は転機を迎えた。ビンセント・ビューエル会長が第一線を退き、会社の可能性をさらに拡大させるため、静岡県の大手通販会社と資本提携した。

現在では、メーカー機能も備え商品開発も積極的に行っており、ごはん事業部、医薬部外品・化粧品事業部を立ち上げている。「事業計画書の作成が必須ですが、採算がとれそうなら自由にチャレンジしてもらっています」。経験が新たな道を切り開くことを身をもって知る芳子ビューエル社長なればこその想いがある。

 


 

 

働きやすい職場づくりへの取組み

同社は平成26年には、女性従業員の育児休業取得率が75%以上」「男性従業員のうち育児休業取得者が1名以上」など一定の基準をクリアし「くるみんマーク」を取得、「子育てをサポートする働きやすい企業」として、厚生労働大臣の認定を受けた。

「当社は産休後の復帰率100%。有給休暇を1時間単位でとれるので、突発的な用事が生じても気兼ねなく休むことができます。働きやすい職場環境を作るのが私の使命」と胸を張る。

北欧雑貨や家具ブームの火付け役。北欧輸入の第一人者。通販コンサルタント。そして、北欧流ワークライフデザイナーとして活躍する芳子ビューエル社長。経営者としても常にトレンドをリードしている。

 

 

 

株式会社アペックス

取締役社長  芳子ビューエルさん

高崎市上並榎町258-2

TEL:027-370-5678

 

高崎の都市力 最新記事

景観が高崎の“思い”を未来につなぐ(3)

まちづくりの取り組みと景観

高崎駅東西ペデデッキを活用

高崎の都市イメージをつくる「高崎の顔」

  • シネマテークたかさき
  • ラジオ高崎
  • 高崎市
  • 広告掲載募集中