ペガサス開幕戦に快勝

(2019年04月8日)

ペガサス応援団
2ホーマーの速水
試合後の監督インタビュー

10日(水)に城南で福島戦

野球の独立リーグ、ルートインBCリーグの開幕戦が6日に各地で行われ、2年連続の日本一を目指す群馬ダイヤモンドペガサスが絶好のスタートを切った。

 

前橋市の上毛新聞敷島球場に武蔵ヒートベアーズを迎えたペガサスは、桐生第一高校出身の速水隆成捕手が2回と8回にそれぞれ2ランホームランを放つなど19-3で大勝。

 

速水は試合後、自らの悪送球で先制点を奪われるミスを反省しながらも、オフシーズンから取り組んでいた「常にフルスイング」を実践して早速結果が出たことに手応えを感じていた。

 

開幕戦を終えた平野監督は「表に出るミス、表に出ないミスとあるが、今シーズンは両方とも減らしたい。新戦力も加わって新しいペガサスを見せられると思う。是非、球場での応援をお願いしたい。」と話した。

 

翌7日、小山運動公園野球場で行われた栃木ゴールデンブレーブスとのアウェイ戦に3-12で敗れたペガサス。

 

次は、高崎での今季初戦だ。10日午後1時から城南野球場で福島レッドホープスと対戦する。

高崎の都市力 最新記事

  • シネマテークたかさき
  • ラジオ高崎
  • 高崎市
  • 広告掲載募集中