チアリーディングアジア大会行われる

(2019年05月13日)

梅花女子大学
インドネシアチーム

高崎アリーナに熱気いっぱい

チアダンスやチアリーディングのアジアナンバーワンを競う国際大会「第13回チアリーディング・アジア・インターナショナルオープン・チャンピオンシップ」、「第6回アジアン・ジュニア・チアリーディング・チャンピオンシップ」が5月11日、12日に高崎アリーナで行われた。

 

日本、韓国、タイ、フィリピン、インドネシア、カザフスタン、台湾の7か国・地域から136チームが参加した。 11日は予選、12日は決勝が行われた。

このアジア大会は、2017年の第11回大会から連続して高崎アリーナで開催されている。

 

競技は2分30秒の演技時間で、元気さ、笑顔、技の正確性、完成度、難易度、連続性、スピード感、同調性を競う。

競技者と客席が一体となった迫力ある演技で、アリーナは熱気にあふれた。

 

高崎の都市力 最新記事

  • シネマテークたかさき
  • ラジオ高崎
  • 高崎市
  • 広告掲載募集中