若者に音楽で可能性を/音楽フェス

(2019年06月17日)


高崎アリーナで6月16日(日)にミュージックフェスティバルが開催された。高崎市が開設したタゴスタジオの開館5周年を記念するイベントで、人気バンドの「くるり」のほか、これまでタゴスタジオでレコーディングしたミュージシャン、地元の農大二高吹奏楽部などが出演。アマチュアオーディションの最終審査も行われた。

 

くるりは変拍子のインスト曲「東京オリンピック」なども披露し、約5千人を楽しませた。

 

アマチュアオーディションは3部門合計1027組の応募があり、予選・決勝審査を経て、最優秀ミュージシャンとして、シンガーソングライターのきえさん(安中市)が選ばれた。きえさんは、高崎市が以前実施していたオーディション企画の優勝者でもあり、まちなかのストリートライブにも出演。「高崎アリーナで歌うことを目標にしてきました」と喜びを語っていた。

 

 

高崎の都市力 最新記事

芸術劇場で「音楽のある街」が新たな幕開け

ミニ観光で感動再発見(3)

忙しいビジネスマンに最適なリフレッシュエリア

  • シネマテークたかさき
  • ラジオ高崎
  • 高崎市
  • 広告掲載募集中