絶メシリストに国際評価

(2019年06月27日)


カンヌ広告祭で銅賞

高崎市内で市民に親しまれている個性的な絶品飲食店を紹介し、シティプロモーションとして大きな話題となった「絶メシリスト」が、フランスの「カンヌライオンズ国際クリエイティビティ・フェスティバル」のメディア部門でブロンズ(銅賞)を受賞し、6月18日に表彰式が行われたことを高崎市は20日に発表した。

 

高崎市によれば、同フェスティバルは、1954年に劇場CMのために創設され、毎年6月に開催されており、世界三大広告賞の一つと呼ばれている。

 

絶メシリストは昨年八月に国内最大級の広告賞とされる「ACC TOKYO CREATIVITY AWARDS」のマーケティング・エフェクティブネス部門グランプリ、今年3月にはアジアを代表する広告祭の一つ「アジア太平洋広告祭(アドフェスト)」入賞となっており、富岡賢治市長は「大変すばらしい賞をとってうれしい。高崎の知名度が更に上がると思う」とコメントしている。

 

 

高崎の都市力 最新記事

  • シネマテークたかさき
  • ラジオ高崎
  • 高崎市
  • 広告掲載募集中