芸術劇場「こけら落とし」追加公演

(2019年08月6日)


1千席枠に希望者が1万7千人

9月20日の高崎芸術劇場開館記念公演「第九演奏会」の観覧希望者を市民公募したところ、6月から7月の募集期間に8885通、約1万7千人分の応募があったことから、高崎市と高崎財団は、予定されていた午後2時からの公演に加え、同日午後6時からの追加公演の実施を決めた。出演者の賛同と快諾を得られたという。

 

開館記念公演は群馬交響楽団、高崎第九合唱団に世界的な声楽家を迎え、大友直人さんが指揮。フルオーケストラと300人を超える合唱団のコーラスが「歓喜の歌」で知られるベートヴェンの第九を演奏し、高崎芸術劇場の開館を祝う。

 

高崎芸術劇場の開館という歴史的な瞬間に多くの人に立ち会ってもらおうと、追加公演を決めた。

 

開館記念公演を行う大劇場は約2千席で、公募枠は午後2時の演奏会が約1000人、追加された午後6時の演奏会が約1800人。午後6時の演奏会は、午後2時の回に落選した人を対象に抽選する。抽選結果は当落に関わらず8月下旬に通知する。当選した場合の演奏会や座席の変更等の希望には応じられない。

 

富岡賢治市長は「たいへん多くの希望が寄せられたので追加公演をお願いしたところ、指揮者や海外トップアーチスト、群響や合唱団から快諾をいただけた。とてもありがたい」とコメントしている。

 

高崎の都市力 最新記事

  • シネマテークたかさき
  • ラジオ高崎
  • 高崎市
  • 広告掲載募集中