避難所の資機材で協定

(2019年08月29日)

左から、紙器段ボール箱工業組合高崎支部、富岡市長、レンタルランド

新たに2団体と締結式

高崎市は、災害発生時における市民の安全を目的に、民間事業者と協定を締結しており、新たに株式会社レンタルランド、群馬県紙器段ボール箱工業組合高崎支部と協定を結んだ。

 

8月20日に締結式が行われ、レンタルランドの矢島伸之社長、同組合高崎支部の植松巌支部長(三友紙業社長)が高崎市役所を訪れた。

 

レンタルランドはイベント会場の設営などの業務を行っており、災害時に避難所で使用する資機材、仮設トイレ、発電機などの運搬、設置について協定を締結した。

 

紙器段ボール箱工業組合高崎支部からは、避難所で使用する段ボール製品(簡易ベッド、間仕切り)の提供について協定を締結した。

 

 

高崎の都市力 最新記事

職場環境改善事業を活用(3)

サトキン・町田ギヤー製作所・長井精機

金融機関のビジネスサポート(3)

東和銀行高崎支店

  • 株式会社環境浄化研究所
  • シネマテークたかさき
  • ラジオ高崎
  • 高崎市
  • 広告掲載募集中