豚コレラ対策で消毒ポイント2カ所設置

(2019年10月9日)

10日から年内

長野県と埼玉県で豚コレラが9月に発生し、群馬県は両県の県境付近に畜産関係車両の消毒ポイントを3カ所設けて対応しているが、高崎市は、市内畜産事業者の要望を受け、高崎市として2カ所の消毒ポイントを設置し、豚コレラの発生防止対策を強化する。

消毒のポイントの設置場所は、新町の新町交番付近と倉渕町三ノ倉の太陽誘電三ノ倉工場敷地内。

事前に畜産関係者に周知し、ポイントに来た車両に噴霧器等で消毒を行う。消毒作業は市内の3JA、休日等は農学系学科のある高崎健康福祉大学、県立農林大学校の学生の協力を得られることになっており、地域と一体で豚コレラの発生防止に取り組む。
期間は10月10日(木)から12月31日(火)まで時間は午前5時から午後6時を予定。

高崎の都市力 最新記事

  • シネマテークたかさき
  • ラジオ高崎
  • 高崎市
  • 広告掲載募集中