産業団地の用地買収・造成進む

(2019年11月7日)

354複合産業団地予定地(卸売市場東側)

高工団の決算規模最大に

 

高崎工業団地造成組合(高工団)は平成30年度決算を11月5日の組合議会にはかった。

高工団は、工業団地用地、住宅団地用地を計画的に開発する一部事務組合。

 

決算書等によれば、高工団の平成30年度の歳入は68億3469万円、歳出は61億8044万円で、前年度に比べ歳入で33億2612万円増、歳出で41億6146万円増となった。高崎市が合併した平成18年以降で最大の決算額となった。

 

30年度の土地買収では、高崎スマートIC産業団地用地で1億4403万円、高崎354複合産業団地用地で26億8305万円など。

 

取得面積は高崎スマートIC産業団地用地が4863㎡、高崎354複合産業団地用地が18万8514㎡の合計19万3377㎡。

 

分譲などの処分面積・譲渡金額は、高崎スマートIC産業団地用地の7万204㎡(譲渡価格22億3826万円)足門工業団地2万3077㎡(譲渡価格5億5496万円)など合計9万7307㎡。

 

土地の29年度末残高は44万6440㎡で、分譲により9万7307㎡減、用地買収により19万3377㎡増で、30年度末残高は54万2510㎡となった。

 

高崎の都市力 最新記事

  • シネマテークたかさき
  • ラジオ高崎
  • 高崎市
  • 広告掲載募集中