県人口15年連続で減少

(2020年01月31日)



群馬県発表資料より

令和元年移動人口調査

群馬県は、平成30年10月から令和元年9月までの移動人口調査結果を1月31日に発表した。

 

令和元年10月1日現在の群馬県人口は193万7626人で、前年の194万9440人から1万1814人減少した。率にして0・61%の減少で、平成17年から15年連続でマイナスとなった

 

世帯数は80万5678世帯で前年の79万9103世帯から6575世帯増加した。1世帯あたり人員は2.40人で前年の2・44人から0・04人減少した。

 

自然動態をみると、1年間の出生数は1万2820人、死亡数は2万3384人で、自然増減数は1万564人減少となり、平成17年から15年連続の減少となった。

 

社会動態をみると、県外からの転入者は4万3662人、県外への転出者は4万1442人で、これに職権処理による減3470人を含めると差引1250人の転出超過となった。

平成27年から4年連続で転入超過となっていたが、5年ぶりに転出超過となった。

 

この1年間の県外からの転入者の移動前の住所地の上位は、国外9649人、埼玉県6563人、東京都5836人、栃木県3569人となっている

県外への転出者数の移動後の住所地の上位は、埼玉県8217人、東京都7528人、国外5364人、栃木県3099人となっている。地

 

市町村でみると、太田市、吉岡町、大泉町の3市町で人口が増加した。

令和元年10月1日現在の高崎市の人口は36万8667人で前年の36万9733人から1066人、率にして0・29%減少した。

高崎市の自然動態は、出生数が2703人、死亡数が4171人で、1066人減少した。

社会動態は転入が1万4116人、転出が1万3714人で402人増加した。

 

自然増加数が最も多いのは吉岡町で42人、大泉町の10人、最も減少したのは前橋市の1617人減、次いで高崎市となった。

社会増減数が最も多いのは太田市の568人、次いで高崎市となった。

吉岡町、大泉町は自然動態、社会動態がともにプラスとなった。

 

高崎の都市力 最新記事

  • シネマテークたかさき
  • ラジオ高崎
  • 高崎市
  • 広告掲載募集中