花火コンクール優勝は今野さん

(2020年02月2日)

コンクール作品が倉渕の夜空を彩る
左から山内さん、今野さん、気賀澤さん

倉渕に観客1万人

40歳以下の花火師による花火の競技会「高崎HANABIコンクール」が2月1日(土)に道の駅くらぶち小栗の里で開催された。

コンクールには全国から20人の花火師がエントリーし、趣向を凝らした打ち上げ花火を出品された。

 

大会のフィナーレは、高崎市内の菊屋小幡花火店の作品が倉渕の夜空を飾り、来場者から喝采を受けた。

 

話題性のある大会となり、1万人の観客を集めた。出品作品はストーリー性があふれ、審査は予想以上に難航したようだった。

 

優勝は秋田県の今野貴文さん、準優勝は山梨県の山内祐一さん、優秀賞は長野県の気賀澤文平となった。

今野さんは「このようなすばらしい機会をありがとうございます」と喜びを語った。

 

大会会長の内山充・上毛新聞社社長は「冬の花火は美しく、すばらしい作品に感動しました。この大会が継続し、倉渕の花火として育ててほしい」とあいさつした。

 

審査員長の新井充東京大学環境安全センター教授は「自由度の高い構成ができ、花火師の特徴を出したところが上位に入った」と講評した。

 

会場周辺は来場者の自動車で渋滞し、誘導や交通整理など警備にも力が入れられた。倉渕小学校、倉渕中学校、倉渕体育館などが駐車場となり、シャトルバスが運行し来場者の利便性をはかった。

 

【出品者】敬称略

今野貴文(27歳・秋田県・北日本花火興行)、伊藤航也(27歳・秋田県・小松煙火工業)

安藤孝二(38歳。山形県・安藤煙火店)、酒井祟嗣(34歳・福島県・菅野煙火店)

山崎智弘(36歳・茨城県・山崎煙火店)、小勝康平(37歳・東京都・丸玉屋小勝煙火店)

河口智光(32歳・神奈川県・ファイアート神奈川)、阿部友希(38歳・新潟県・阿部煙火工業)

気賀澤文平(39歳・長野県・伊那火工堀内煙火店)、福田修也(35歳・長野県・篠原煙火店)

上条僚士(28歳・長野県・華松煙火)、齊木啓介(36歳・山梨県・マルゴー)

山内祐一(25歳・山梨県・山内煙火店)、上田昇弘(34歳・静岡県・イケブン)

神戸龍馬(34歳・静岡県・神戸煙火店)、加藤克典(36歳・愛知県・加藤煙火)

村瀬功(33歳・岐阜県・村瀬煙火店)、岸洋介(32歳・徳島県・岸火工品製造所)

木塚勝也(33歳・福岡県・西日本花火)、木塚智哉(28歳・佐賀県・唐津煙火)

 

【審査員】敬称略

新井充(東京大学環境安全センター教授)、磯谷尚孝(日本煙火協会会長)、青木昭夫(日本煙火芸術協会会長)、小幡知明(日本煙火協会青年部会委員長)、松井郁水(日本煙火協会保安専門審査員)

 

 

高崎の都市力 最新記事

  • シネマテークたかさき
  • ラジオ高崎
  • 高崎市
  • 広告掲載募集中