能舞台の完成披露

(2020年02月14日)


高崎芸術劇場

高崎芸術劇場の能舞台披露公演が2月15日(土)に行われることに先立ち、舞台を設置したスタジオシアターが14日に報道機関に公開された。

 

この能舞台は、檜造りの本格的な設備で、仮設としては全国でも数例しかない本屋根を備え、国内初となる吊り下げ方式を採用している。

能舞台を設置したスタジオシアターの客席数は484席。

 

能舞台の披露公演は、演目が能「翁(おきな)」、狂言「二人袴(ふたりばかま)」、半能「石橋(しゃっきょう)」、出演は観世清和、野村萬斎、下平克宏ほか。

 

この公演のチケットは、発売開始日に完売となるほどの人気公演となり、高崎財団では今後も能公演を行っていく予定。

 

高崎の都市力 最新記事

  • シネマテークたかさき
  • ラジオ高崎
  • 高崎市
  • 広告掲載募集中