4カ月で72公演、観客数7万6千人

(2020年02月14日)


高崎芸術劇場

高崎市は、高崎芸術劇場の公演実績について2月14日の高崎市議会都市集客施設整備特別委員会に報告した。

 

高崎市のまとめによれば、高崎芸術劇場が開館した2019年9月20日から2020年1月26日まで約4カ月間の大劇場、音楽ホール、スタジオシアターで開催された公演数は72公演で、2回公演など延べ85公演となっている。

観客数は7万5932人。

 

大劇場27公演、音楽ホール18公演、スタジオシアター27公演。公演内容はクラシックが30公演、ジャズ・ポップスが28公演など。

 

高崎芸術劇場の南側駐車場は6月にオープン予定。大劇場の公演日にウエストパーク1000と高崎芸術劇場間で運行される無料の送迎シャトルタクシーは、今後も継続される予定。1公演平均で40人程度の利用があり、高齢者や家族連れの利用が多いという。

 

高崎の都市力 最新記事

  • シネマテークたかさき
  • ラジオ高崎
  • 高崎市
  • 広告掲載募集中