「おとしよりぐるりんタクシー」の車両公開

(2020年05月15日)

使用車両

安全運行で地域貢献

高崎市が6月1日から倉渕、榛名、吉井の3地域で運行する「おとしよりぐるりんタクシー」で使用する車両が、5月13日に報道機関に公開された。

 

おとしよりぐるりんタクシーは、コース内でどこでも乗り降りできる無料タクシーで、買い物や通院などに利用してもらう。

車両には「おとしよりぐるりんタクシー」と大きく書かれ、屋根にはあんどんが設置され、遠目からも目立つようになっている。

 

車両は乗客5人乗りで、通常座席4人、後部からはスロープで車椅子1台が乗車できる。

当面はコロナ対策として、通常は3人掛けの2列目を2人掛けにして乗客の間隔を空け、定員を1人減の3人乗車で運行する。

 

運転手はマスク着用、車内の除菌を行い、車内の換気のため窓開けやエアコンの外気導入などを実施する。

 

乗車・運行状況は、スマホのアプリや専用電話でリアルタイムに知ることができる。

 

運行は高崎地区タクシー協議会に委託され、同協議会では「安全な運行で地域の皆さんのために貢献していきたい」と話している。

 

 

高崎の都市力 最新記事

  • シネマテークたかさき
  • ラジオ高崎
  • 高崎市
  • 広告掲載募集中