モントレー食料品売り場をリニューアル

(2020年05月21日)

開店準備が進む店内

5月22日オープン

高崎モントレー1階の食料品フロアの改装工事が終了し、5月22日午前10時にリニューアルオープンする。令和2年1月16日から休業し、改装を行っていたが、リニューアルオープン前日に報道機関に公開された。

 

16店舗の内、鮮魚や総菜・弁当店など7店舗が新たに出店し、売り場の名称も「からっ風まるしぇ」とされた。

専門店ゾーンが、新しく設けられた通路の両側に配置され、顧客の動線の利便性をはかったのが今回のリニューアルの大きなポイントという。

 

食料品売り場は、地域の人たちや高崎駅利用者の生活に密着していることから、鮮魚や食肉、青果など集中レジによる買い物エリアを中心に11店舗が22日にオープン、他の専門店は6月1日以降に順次オープンさせる。

 

新型コロナウイルスの感染拡大を受け、営業時間は午前10時から午後6時までとし、当面は営業時間を短縮する。平時は午後8時30分まで営業する。

また、7月からレジ袋有料化がスタートするが、モントレー1階食料品売り場の集中レジでは、22日のリニューアルオープンに合わせて有料化を実施する。(Lサイズは4円。LLサイズは5円)

 

1階の大規模改装は平成21年(2009年)以来、11年ぶりとなるそうだ。高崎ターミナルビルでは、「群馬の風物詩のからっ風のように、お客様の生活に溶け込み、親しんでいただけるお店をめざします。幅広い層のお客様に買い物を楽しんでいただきたいと思います」と話している。

 

高崎の都市力 最新記事

  • シネマテークたかさき
  • ラジオ高崎
  • 高崎市
  • 広告掲載募集中