12日の激しい雷雨/吉井町で100mmか

(2020年08月14日)

井野川が急激に増水

8月12日の夕方、高崎は激しい雷雨に見舞われた。気象庁は吉井町に1時間に約100mmの記録的短時間大雨情報を出した。

上里見で1時間に47mmの降水量を記録した。

 

記録的短時間大雨情報は、大雨や豪雨によって災害が発生する可能性が高まる場合に発表される。

気象庁は、記録的短時間大雨情報で、16時50分までの1時間に高崎市吉井町付近で約100mmの雨が降ったと発表した。

 

12日の上里見の記録は、最高気温が36.2度、一日の降水量は61.0mm。

降水状況は、午後4時台が1時間に9・5mm、午後5時台が1時間に47mm、午後6時台が1時間に4・5mm。

 

気象庁によれば、1時間に30mmから50mmの雨は「バケツをひっくり返したように降る」、「道路が川のよう」な状況となる。

また100mmの雨は恐怖を感じる状況で、水しぶきであたり一面が白っぽくなり視界も悪くなる。

 

前橋気象台は午後3時52分に大雨注意報(発表)、雷注意報(継続)、洪水注意報(発表)。午後5時9分に大雨警報、洪水警報を発表。午後6時44分に警報解除。

 

国土交通省の記録で、井野川の水位は島名町で、午後4時の61センチから午後5時は3m33cmに急激に上昇。はん濫危険水位の3m5cmを超えた。

 

 

高崎の都市力 最新記事

  • シネマテークたかさき
  • ラジオ高崎
  • 高崎市
  • 広告掲載募集中