美容室をシェア・新たな働き方提案

(2020年10月8日)

シェアサロン「ちょきちょき」店内で今泉さん

シェアサロンちょきちょき

フリーランスや独立開業をめざす美容師、介護や育児で固定した時間で働けず、現場復帰が難しい美容師など、自由な時間に使えるシェアサロン「ちょきちょき」が上並榎町にオープンした。

美容師に新たな働き方を提供する。

 

シェアサロン「ちょきちょき」は、会員登録した美容師が、予約日時にお客様と待ち合わせ、来店してもらって施術する。店舗の標準の施術料金は設定されているが、美容師がお客様の了解を得て独自に決めることもできる。シェアサロンの使用料は施術料金から比率で支払う。

 

経験のある美容師がシェアサロンの運営を行い、標準的な備品は用意されている。年中無休で午前6時から午後11時まで利用できる。

 

美容室は店舗数が多く、自分のお店を持って独立するためには投資リスクが伴うが、シェアサロンを使えば初期投資や固定費なしに開業することができる。また新型コロナウイルス感染症を気にする顧客に個室でのサービスを提供できる。

 

シェアサロンを経営する浅川さんはコロナ対策にも役立つ新たなビジネスとして、このシェアサロンを計画した。今後、美容師の登録を増やして多店舗展開していきたい考え。

 

運営責任者の今泉さんは「シェアサロンは群馬にはなかったので、自分のお店として、たくさんの美容師さんに利用してほしい。自分のライフスタイルに応じて仕事ができるのがメリットです。隠れ家的な場所にあり、お客様に満足していただけるサービスができます。コロナ対策にもつなげていけると思います」と話している。

 

問い合わせはシェアサロン「ちょきちょき」今泉さんまで。電話080-7642-2929。住所高崎市上並榎町1202。「コインランドリーぱんだぱんだ」の

隣り。

 

高崎の都市力 最新記事

  • シネマテークたかさき
  • ラジオ高崎
  • 高崎市
  • 広告掲載募集中