令和2年度高崎市文化賞授賞式

(2020年12月2日)

瀧澤さん、富岡市長、田島さん

瀧澤さん・田島さんが受賞

令和2年度高崎市文化賞授賞式が11月27日に高崎市役所内で行われた。

受賞した書道振興の瀧澤虚往(たきざわ・こおう)さん(89歳)、郷土史の田島桂男(たじま・かつらお)さん(87歳)が出席し、富岡賢治市長が功績を讃えた。

 

瀧澤さんは「高崎市文化賞の重さを感じています。高崎市の文化にお役に立つことができてとてもうれしいです。生涯現役で書き続け、展覧会にも出品を続けていきたいです」と喜びを語った。

 

田島さんは、父君の武夫氏が昭和48年に第二回高崎市文化賞を受賞しており、親子2代の受賞となった。田島さんは「戦争が終わり、歴史を勉強したいと思い、一生の仕事になりました。父に受賞を報告できると思いました」と話す。田島さんは、田島家が所蔵する歴史文書を高崎市に寄贈し、平成30年度の高崎市文化財保護賞を受賞している。

 

 

高崎の都市力 最新記事

職場環境改善事業を活用(3)

サトキン・町田ギヤー製作所・長井精機

金融機関のビジネスサポート(3)

東和銀行高崎支店

  • 株式会社環境浄化研究所
  • シネマテークたかさき
  • ラジオ高崎
  • 高崎市
  • 広告掲載募集中