ペガサスがリーグ優勝

(2021年10月7日)

ファンに応えるペガサス・牧野監督、選手

プロ野球独立リーグ・ルートインBCリーグの群馬ダイヤモンドペガサスは、プレーオフ決勝ラウンド(3戦先勝)で、オセアン滋賀ブラックスと対戦し、3勝1負0分の成績で優勝した。

 

決勝ラウンドは第1戦(9月26日・彦根球場)が0対7で滋賀、第2戦(9月27日・彦根球場)が9対6でペガサス、第3戦(10月2日・城南球場)が9対4でペガサス、第4戦(10月4日・城南球場)を10対1でペガサス勝利し、3勝目を上げて優勝を決めた。

ペガサスのリーグ優勝は3年ぶり5度目。

 

ペガサスの牧野監督は「昨年の悔しさがベースとなり、チームが一つとなって大きな目標を達成することができました。群馬ダイヤモンドペガサスを支えてくださる全ての方々の想いが僕らを頂点に導いてくれたと思います。群馬ダイヤモンドペガサスの新しい歴史を刻んでいけるように頑張っていきたいと思います」とファンに応えた。

 

 

高崎の都市力 最新記事

職場環境改善事業を活用(3)

サトキン・町田ギヤー製作所・長井精機

金融機関のビジネスサポート(3)

東和銀行高崎支店

  • 株式会社環境浄化研究所
  • シネマテークたかさき
  • ラジオ高崎
  • 高崎市
  • 広告掲載募集中