交流スペース「エコラボカフェ」オープン

(2021年10月13日)

キッズスペース
談話コーナーなどにはリサイクル素材やアップサイクル品を活用

カフェ・キッズスペースなど

株式会社群成舎(本社・上並榎町、芝崎勝治社長)は、環境保全や廃棄物処理、再生可能エネルギーなどの分野で事業展開しており、このほど循環型社会、持続可能な社会の実現に向けた取り組みとして「ecolab café(エコラボカフェ)」を国道17号バイパス「上並榎町北信号」角にオープンさせた。

 

エコラボカフェは、カフェと交流スペースが併設された複合施設で、無料のキッズスペースなどが設けられ、自由に利用できる。

キッズスペースは、いのちや自然、環境をテーマにした絵本や自然素材のおもちゃで遊ぶことができる。館内のインテリアはリサイクル・アップサイクル品を活用し、サスティナブルな生活を考える場となっている。

ロゴや館内のイメージ作品は群馬県在住のクリエーター・根本剛さんがデザインしている。

 

カフェスペースでは高崎産食材のオーガニックな軽食、トンビコーヒーの豆を使ったコーヒー、各種ドリンクを提供。コーヒーは350円から、軽食のサンドイッチとスープのセットは850円。他にスイーツ各種。

営業時間は平日午前10時から午後6時。サンドイッチセットの提供は午前11時から午後2時。ラストオーダー午後5時30分。

土曜、日曜、祝日は休館。

 

今後は、地球環境の保全、持続可能な社会に関するイベントやセミナー等を計画している。

問い合わせはエコラボカフェ、電話027-393-6133。

 

 

高崎の都市力 最新記事

職場環境改善事業を活用(3)

サトキン・町田ギヤー製作所・長井精機

金融機関のビジネスサポート(3)

東和銀行高崎支店

  • 株式会社環境浄化研究所
  • シネマテークたかさき
  • ラジオ高崎
  • 高崎市
  • 広告掲載募集中