「熱血!販売甲子園」をオンライン開催

(2021年11月12日)


えびす講の中止で

新型コロナウイルス感染症の感染拡大防止のため、11月20日(土)21日(日)に予定していた「第93回高崎えびす講」が中止となったが、高崎えびす講の名物イベントの「熱血!高校生販売甲子園」はオンラインで開催されることになった。熱血販売甲子園の開催日は11月20日(土)21日(日)を予定。

 

張り子の縁起物「めをとゑびす」は11月20日(土)21日(日)の美保大國神社例大祭で販売される。

 

「熱血!高校生販売甲子園」は、2008年から開催され、昨年の第13回は中止、オンライン開催となった今年の第14回は、県内の7校7チームが参加予定。

各チームが企画した商品をオンラインでプレゼンテーションし、「演出・地域性」の各評価項目の審査によって総合的に評価し、優勝を競います。

優勝したチームの商品は企業に委託し、実際に商品化し、期間限定で街なかで販売される予定。

 

配信は「熱血!高校生販売甲子園」実行委員会 YouTubeチャンネルにて公開。

https://www.youtube.com/channel/UCs8JKRaq9snKwPO_Hod88ug

 

 

高崎の都市力 最新記事

職場環境改善事業を活用(3)

サトキン・町田ギヤー製作所・長井精機

金融機関のビジネスサポート(3)

東和銀行高崎支店

  • 株式会社環境浄化研究所
  • シネマテークたかさき
  • ラジオ高崎
  • 高崎市
  • 広告掲載募集中