第35回高崎映画祭 新進監督グランプリ

(2022年01月17日)

ある殺人、落葉のころに ©︎ Takuya Misawa & Wong Fei Pang

三澤拓哉監督『ある殺人、落葉のころに』

 

◇受賞理由

大磯を舞台に、幼馴染たちの成長と関係性の変化をサスペンスフルに描きこんだ意欲作である。狭いコミュニティとその土地の風土が醸し出す違和感、そして抑圧された社会性に目を向けていく。若者たちの葛藤と揺らぎを逃すことなく、いくつかの視点で浮かび上がらせる構成力は素晴らしい。練り上げられた脚本と、大胆な構成がうまく噛み合い、独自の世界観の構築にも成功している。

 

【写真提供】高崎映画祭

 

高崎の都市力 最新記事

職場環境改善事業を活用(3)

サトキン・町田ギヤー製作所・長井精機

金融機関のビジネスサポート(3)

東和銀行高崎支店

  • 株式会社環境浄化研究所
  • シネマテークたかさき
  • ラジオ高崎
  • 高崎市
  • 広告掲載募集中