ホルモンまち映画の主題歌発表

(2022年04月28日)

左から香川さん、KIEさん、映画制作のみなさん

KIEさんと奥野さん・香川さんが曲提供

高崎の食文化となる豚ホルモンの発祥を描いた映画「泣いて笑って豚ほるもん」の音楽監督・主題歌の発表記者会見が4月23日に糸井ホールディングスビルで行われた。

 

音楽監督はROGUEのギタリスト香川誠さんが就任し、劇中で使用する14曲を作曲・制作する。

 

主題歌はKIE Andersonさんの「いただきます」、奥野敦士さん(ROGUE・ボーカル)と香川誠さんの「想い出のはじまり(仮)」の2曲。映画が現代を舞台にした場面と、過去を舞台にした場面で構成されており、2曲をそれぞれの時代のテーマ曲として使用される。

 

 

記者会見でKIEさんは「大切な人と食卓を囲む幸せを届けたい」と話した。

香川さんは、2016年に制作されたまち映画『あの夏、いつかの生姜焼き』の音楽監督を務めており「次回作も音楽監督をやらせてほしいと手を挙げました。劇中の音楽は重要でつくりがいがある。いい音楽をつくりたい」と意欲を語った。

 

また主題歌「想い出のはじまり(仮)」は、奥野さんが療養しながら制作した書き下ろし曲で、奥野さんの作詞・作曲。

ROGUEメンバーの香川さんを通じて制作が依頼された。この作品について香川さんは「びっくりするくらい、いい曲ができた」と話し、奥野さんの音楽性を讃えていた。

 

映画「泣いて笑って豚ほるもん」は7月下旬に公開が予定されている。

 

 

高崎の都市力 最新記事

職場環境改善事業を活用(3)

サトキン・町田ギヤー製作所・長井精機

金融機関のビジネスサポート(3)

東和銀行高崎支店

  • 株式会社環境浄化研究所
  • シネマテークたかさき
  • ラジオ高崎
  • 高崎市
  • 広告掲載募集中