第86回市民展/会期は5月15~19、21~25日

(2022年05月8日)


搬入は12日

第86回高崎市民美術展(通称=市民展)が5月15日(日)から高崎シティギャラリーで開催される。

市民展は、「美術に対する制作意欲と鑑賞力を高め、市民文化の向上を図る」ことを目的に、毎年、様々なジャンルの作品が出展されている。

 

部門は写真、書道(漢字、かな、墨象、少字数・近代詩文)、彫刻、工芸、日本画、洋画。

応募資格は、高崎市に「在住」「在勤」「在学」など市にゆかりがある16歳以上の人。

作品は未発表で各部門1人1点。

出品料は1点2000円。16歳以上18歳以下(高校生含む)は1点1000円。

 

出品作品に申込書(出品整理票等)、出品料を添え、5月12日の所定の時間に高崎シティギャラリーに搬入する。

 

展示期間は書道が5月15日(日)から19日(木)、写真、彫刻、工芸、日本画、洋画が21日(土)~25日(水)。5月20日(金)は休会。

入場は無料。観覧時間は午前10時から午後6時。5月19日、25日は午後3時。

授賞式は5月22日市内ホテルで実施。

講評会は書道が5月15日、写真、彫刻、工芸、日本画、洋画が21日のそれぞれ午前10時から正午。

開催要項・申込書は高崎市役所文化課などで配布。

 

 

高崎の都市力 最新記事

職場環境改善事業を活用(3)

サトキン・町田ギヤー製作所・長井精機

金融機関のビジネスサポート(3)

東和銀行高崎支店

  • 株式会社環境浄化研究所
  • シネマテークたかさき
  • ラジオ高崎
  • 高崎市
  • 広告掲載募集中