ビック対誘電 宇津木スタジアムで熱戦

(2022年05月19日)

ビック藤田選手が3ラン
柔道杉本選手と富岡市長が始球式

ニトリJDリーグ第6節

5月14日、15日に宇津木スタジアムでニトリJDリーグ2022第6節が開催され、ビックカメラ高崎、太陽誘電、大垣ミナモ、NECプラットフォームズの4チームが2日間にわたって対戦した。

15日は、ビックカメラ高崎と太陽誘電が対戦する高崎ダービーとなり、試合に先だって高崎商業高校吹奏楽部の演奏が行われた。始球式では高崎市の富岡賢治市長の投球、ロンドンオリンピック柔道78キロ超級・銀メダルの杉本美香選手が打席に立ち、会場を盛り上げた。

 

ビックカメラ高崎・濱村投手、太陽誘電・曽根投手の好投で4回まで両チームとも無得点。

5回にビックカメラ高崎は5回の攻撃で4番藤田選手が4号3ランホームランを放つなど4点を先取。その裏に太陽誘電はヒットと盗塁でチャンスをつくり、連打で3点を入れ、1点差に詰め寄った。

ビックカメラ高崎は7回に1点を追加し、ビックカメラ高崎が5対3で勝利した。9連勝、10勝2敗で東地区(8チーム)首位をキープした。濱村投手は8勝目でリーグ最多。

太陽誘電は6勝5敗で東地区3チームが同率3位となっている。

 

 

 

MVPとなった藤田選手は、試合後のインタビューで、ホームランについて「濱村投手が一生懸命投げていたので、何とか助けてやりたい、みんなのためにという気持ちで打席に立った。たくさんのお客様の応援が私たちの支えになります」と観客に応えた。

 

 

試合終了後には、小中学生ソフトボール教室が開催され、ビックカメラ高崎と太陽誘電の選手と子どもたちが交流した。

 

 

 

高崎の都市力 最新記事

職場環境改善事業を活用(3)

サトキン・町田ギヤー製作所・長井精機

金融機関のビジネスサポート(3)

東和銀行高崎支店

  • 株式会社環境浄化研究所
  • シネマテークたかさき
  • ラジオ高崎
  • 高崎市
  • 広告掲載募集中