太鼓など寄席道具を寄贈

(2022年08月16日)


上方噺家の二葉さん

上方落語家の桂二葉(によう)さんの落語会(ラジオ高崎主催)が8月13日に高崎芸術劇場で行われた。二葉さんは、令和3年度NHK新人落語大賞を受賞、高崎での前評判も高くチケットは完売となった。二葉さんは、マッシュルームカットと高い声が特徴。「上方の白木みのると言われています」と会場を引きつけ、満場の来場者を楽しませた。月亭希遊さんと特別ゲストに高崎出身の林家つる子さんが出演した。

 

二葉さんが高崎で落語会を開くのは初めてで、高崎芸術劇場には寄席囃子で使われる太鼓類、上方落語で使う見台(小型の机)や膝隠しなどの道具がなかったため、この日の落語会に合わせて、二葉さんからこれらの道具一式が寄贈された。

高崎芸術劇場で贈呈式が行われ、二葉さんから富岡賢治市長に目録が手渡された。

二葉さんは「高崎で上方落語を楽しんでもらえるよう、落語会を続けたい」と話しており、来年2月にも二葉さんの落語会が予定されている。

高崎市から二葉さんに高崎だるまが贈られると「帰りに買おうと思っていました。とてもうれしいです」と喜んでいた。

 

 

 

高崎の都市力 最新記事

職場環境改善事業を活用(3)

サトキン・町田ギヤー製作所・長井精機

金融機関のビジネスサポート(3)

東和銀行高崎支店

  • 株式会社環境浄化研究所
  • シネマテークたかさき
  • ラジオ高崎
  • 高崎市
  • 広告掲載募集中