榛名のジャンボ梨コンテスト

(2022年11月29日)


はるなの梨第33回ジャンボ梨コンテストが11月22日に高崎市役所1階ロビーで行われた。

このコンテストは、県内有数の果樹産地であるはるな地域で、愛宕(あたご)、王秋(おうしゅう)、新雪(しんせつ)の3品種を通常よりも長い期間、枝に付けて大きく育てたもの。

はるなのジャンボ梨は「冬将軍伝説」ブランドとして、冬季の味覚となっている。

 

今年のコンテストは、112点が出品され、愛宕は五十嵐純さんの出品が2579gで群馬県知事賞、新雪は中里見仁志さんの出品が2259gで高崎市長賞を受賞した。

受賞した梨は、高崎市役所1階ロビーに展示されている。

 

11月23日から高崎オーパ1階の高崎じまんでジャンボ梨の特設販売コーナーが設けられている。

 

 

 

 

高崎の都市力 最新記事

職場環境改善事業を活用(3)

サトキン・町田ギヤー製作所・長井精機

金融機関のビジネスサポート(3)

東和銀行高崎支店

  • 株式会社環境浄化研究所
  • シネマテークたかさき
  • ラジオ高崎
  • 高崎市
  • 広告掲載募集中