日本選抜車椅子バスケ大会

(2017年09月18日)


アリーナで熱戦

 第28回日本選抜車椅子バスケットボール選手権大会が16日、17日に高崎アリーナで開催された。全国の強豪16チームが高崎に集まり、熱戦を繰り広げた。この大会は昨年まで浜川体育館で開催されており、今年から高崎アリーナに会場を移した。
 開会式で富岡賢治市長は「みなさんの中から2020年東京オリンピック・パラリンピックに出場できる選手が出るものと確信しています。力いっぱいがんばってください」と歓迎のあいさつを行った。
この大会は、多くの市民ボランティアによって支えらえているのが特徴で、選手や来場者へのおもてなしが好評となっている。
 試合結果は、優勝=関東ジュニア選抜、準優勝=伊丹スーパーフェニックス(近畿)、第三位=COOLS(東京)、第四位=旭川リバーズ(北海道)。地元チームの群馬マジックは初戦で旭川と対戦し、接戦となったが終盤の得点力で差がつき、48対60で勝利に届かなかった。

高崎の都市力 最新記事

ジェトロ群馬事務所に大きな期待

富岡市長に聞く

加速する業務機能の集積

〜高崎への集中が県内経済を牽引〜

  • シネマテークたかさき
  • ラジオ高崎
  • 高崎市
  • 広告掲載募集中