ヤマダ電機「LABI1 LIFE SELECT高崎」

(2017年12月11日)

「LABI1 LIFE SELECT高崎」としてグランドオープン
テレビ売場
カメラ売場に設けられた「LENS BAR」

家電と住空間トータルコーディネート

ヤマダ電機はLABI1高崎をリニューアルし、「家電と快適住空間をトータルコーディネートする店」をコンセプトにした「LABI1 LIFE SELECT高崎」を8日にグランドオープンさせた。

「LABI1 LIFE SELECT高崎」は、家電から新築、リフォーム、家具、インテリア雑貨まで、ライフスタイルに合わせたトータルコーディネートショップで、ヤマダ電機ならではのリーズナブルな価格と品揃えに加え、家具、インテリア雑貨、リフォーム、住宅、不動産まで取り扱う。

「インテリアリフォーム前橋」、「家電住まいる館」など、顧客ニーズに合わせた新店舗を展開しており、今回が13店舗目、大規模都市型店舗のLABI1としては全国初となる。

「LABI1 LIFE SELECT高崎」のフロア構成はB1階にパソコン、デジタルカメラ、1階にインテリア、家具、不動産、ドラッグ、化粧品、カフェm2階にエアコン、冷蔵庫、洗濯機などシロモノ家電、3階にテレビ、時計、ゴルフ用品、4階にゲーム、おもちゃ、ロボット、5階はレストラン街となっている。今回のリニューアルで新設されたのが、家具、不動産、カフェ、カメラコーナーの「LENS BAR」、ウッドハウスショールーム、おもちゃコーナーの「ロボットコーナー」など。

全館にわたって、間接照明やクオリティ感の高い商品陳列で統一され、イメージを一新。テレビコーナーでは、家庭のリビングを再現し、映像を楽しむ空間を提案している。

グランドオープンでは三嶋恒夫副社長、永田能裕店長が記者会見した。三嶋副社長は「一つの店舗でお客様に提案する店づくりをめざしてきた。価格はどこよりも安く、家電から住空間の需要を掘り起こしたい。これまで家電店は男性客が中心だったが、若い女性、子育て女性に気軽に来店してもらえる店舗をめざし、生活の潤いを提案していく」と「LABI1 LIFE SELECT高崎」のコンセプトを説明。新しいコンセプトによる店舗づくりで、顧客の滞留時間や女性客の増加、顧客満足の向上、売上の増加につながっているという(高崎新聞クールチョイスニュース)。

 

高崎の都市力 最新記事

ジェトロ群馬事務所に大きな期待

富岡市長に聞く

加速する業務機能の集積

〜高崎への集中が県内経済を牽引〜

  • シネマテークたかさき
  • ラジオ高崎
  • 高崎市
  • 広告掲載募集中