上信越と北関東を代表する殿堂・高崎芸術劇場

(2018年10月31日)

高崎芸術劇場誘致用パンフレット

各ホール名称と座席数

来年9月の高崎芸術劇場開館に向け、指定管理者の高崎財団が準備を進めているが、公演誘致のための施設パンフレットがこれまでに作成され、高崎芸術劇場内の各ホールの名称と座席数も示された。

 

高崎芸術劇場は「上信越と北関東を代表する音楽と舞台芸術の殿堂」となるもので、質感の高い豊かな劇場として機能とサービスを提供する。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

大劇場

(計画上の名称:メインホール)

2026席(1階席・2階席・LR席)・車椅子4席。国内最大級の舞台面を誇る高機能ホール。

 

スタジオシアター

(計画上の名称:メインスタジオ)

可動席最大567席・車椅子1席。スタンディング約1000人。幅広い公演に対応したフレキシブルな空間。

 

音楽ホール

(計画上の名称:小音楽ホール)

413席。・車椅子2席。群馬県初の本格的音楽専用ホール。

 

 

高崎の都市力 最新記事

高崎駅東西ペデデッキを活用

高崎の都市イメージをつくる「高崎の顔」

駅前の大型ディスプレイを活用

ひょっとしたら全国屈指 !?

  • シネマテークたかさき
  • ラジオ高崎
  • 高崎市
  • 広告掲載募集中