佐藤晃一展

(2017年10月7日)


高崎市美術館

 高崎出身のグラフィックデザイナー、故・佐藤晃一の作品展が高崎市美術館で開催されている。
 佐藤は県立高崎高校を卒業後、東京藝術大学へ進学し、資生堂宣伝部を経て独立。その後、ニューヨーク近代美術館ポスター指名コンペ一席、毎日デザイン賞、芸術選奨文部大臣新人賞など国内外で様々な賞を受賞。グラデーションを駆使し、「グラフィックデザインにおける日本的精神性」と未来イメージを融合させたポスターは「超東洋」として高く評価され、グラフィックデザインの一時代を築いて活躍した。2016年5月に逝去。
 今回の展覧会は、佐藤の代表作とともに、高校時代のポスターやスケッチブックなど、これまで展示されることの少なかった初期作品など、井上邸会場と併せ250点を展示する。
 11月26日(日)まで。観覧料は一般500円、大学・高校生300円。身体障害者手帳、療育手帳、精神障害者保健福祉手帳の交付を受けた方および付添いの方1名、65歳以上の方、中学生以下は無料。10月28日(土)は群馬県民の日のため無料。
開館時間は午前10時から午後6時。入館は午後5時30分まで。金曜日は午後8時まで。入館は午後7時30分まで。旧井上邸は午後6時まで。入館は午後5時30分まで。

高崎の都市力 最新記事

ジェトロ群馬事務所に大きな期待

富岡市長に聞く

加速する業務機能の集積

〜高崎への集中が県内経済を牽引〜

  • シネマテークたかさき
  • ラジオ高崎
  • 高崎市
  • 広告掲載募集中