TAGO STUDIO TAKASAKI 5周年

(2019年06月10日)


オーディション&ミュージックフェスティバル開催

高崎出身・在住の音楽プロデューサー多胡邦夫が中心となり、人間の情熱を閉じ込める生演奏のレコーディング文化を残し「音楽のあるまち高崎」の次世代の音楽教育を担うため作られた市営のレコーディングスタジオ、TAGO STUDIO TAKASAKIがオープンから5周年を迎えた。

 

それを記念して、6月15日(土)に高崎clubFLEEZで全国から志あるアマチュアミュージシャンが参加するオーディション決勝大会を、6月16日(日)に高崎アリーナで人気バンド・くるりをはじめとしたスペシャルゲストミュージシャンが出演するミュージックフェスティバルを開催する。

 

6月15日(土)正午から行われるオーディション決勝大会は、バンド部門・シンガーソングライター部門・カラオケ部門の三部門で実施。応募総数1027組から厳正なる審査で選ばれた決勝オーディション出場者が高崎clubFLEEZのステージで渾身のパフォーマンスを披露する。オーディションで輝きを見せた優秀者は、大観客が待ち受ける翌日の高崎アリーナのミュージックフェスティバルに出演するほか、TAGO STUDIO TAKASAKIでのレコーディングや育成サポートなど、ステップアップのチャンスが提供される。この白熱のオーディションの模様は一般オーディエンスもFLEEZに入場して見届けることができる。

 

6月16日(日)は高崎アリーナにスペシャルゲストが大集結するミュージックフェスティバルが午後1時から開演。出演は、唯一無二のロックを奏でる人気バンド・くるりをはじめ、Ivy to Fraudulent Game、Czecho No Republic、wacci、Bentham、琴音など。また、農大二高吹奏楽部がオープニングアクトを務め、フェスの幕開けを盛り上げる。

 

 

《オーディション》

会場:高崎clubFLEEZ

日時:2019年6月15日(土) 正午~

入場:無料

※事前にTAGO STUDIO TAKASAKI公式Twitterアカウントのフォローが必要

※混雑状況により入場規制実施の可能性あり

 

《ミュージックフェスティバル》

会場:高崎アリーナ

日時:2019年6月16日(日) 午後1時~

入場:無料

※事前にTAGO STUDIO TAKASAKI公式Twitterアカウントのフォローが必要

※混雑状況により入場規制実施の可能性あり

高崎の都市力 最新記事

芸術劇場で「音楽のある街」が新たな幕開け

ミニ観光で感動再発見(3)

忙しいビジネスマンに最適なリフレッシュエリア

  • シネマテークたかさき
  • ラジオ高崎
  • 高崎市
  • 広告掲載募集中