本をめくり街をめぐる vol.3

(2019年08月7日)

今年のテーマは“発酵”

近年、個性的な店が集まりつつある街中を歩いて巡る楽しみを味わってもらおうと、本町の器のお店matkaと椿町の書店REBEL BOOKSが共同企画した「本をめくり街をめぐる」が8月18(日)まで両店舗を会場に行われ、今年のテーマであり、全世界的にブームになりつつある“発酵”に焦点をあてた様々なイベントが行われる。

 

REBEL BOOKSでは『日本酒BAR in 本屋』と銘打ち、県内外の美味しい日本酒を集めた日本酒BARを開催。独自のセレクトの本が並ぶ書店で読書をしながら立ち飲みできるバーカウンターが出現する。また8月11日(日・祝)は、羅漢町のナチュラルワインバー・le quai(ルケ)の協力のもと、発酵おつまみとワインが堪能できる一夜限りの『発酵ワインバー』が登場。8月13日(火)は午後7時から、発酵デザイナーとして活動が注目されている小倉ヒラク氏と、酒好きから絶大な支持を誇る群馬の酒蔵・土田酒造による『発酵トークセッション』が開催される。

 

Matkaでは『醗酵BOOK cafe』が開催され、普段は器などが置かれている棚が厳選された発酵関連の古書がずらりと並び、読書をしながら発酵デザートや発酵カレーが味わえるブックカフェに様変わりする。8月10日(土)は午後5時から、日々の食卓で役立つ麹を使った調味ダレを作るワークショップ『麹七変化』を開催。

 

ついに今年も猛暑がやってきたが、このイベントで“発酵”の様々なことを知り味方につけて楽しく夏を乗り切ってほしい。トークセッションとワークショップはそれぞれ事前申し込みが必要。

 

会場:REBEL BOOKS、matka

会期:2019年8月1日(木)~18日(日) ※各店舗とも店休日あり

申込み・問合せ:

letter@rebelbooks.jp(REBEL BOOKS)

高崎の都市力 最新記事

  • シネマテークたかさき
  • ラジオ高崎
  • 高崎市
  • 広告掲載募集中