群響〈コバケンの巨人〉

(2019年09月19日)

小林研一郎(左)、金子三勇士(右)

芸術劇場でコバケン初タクト

第30回高崎音楽祭のプログラム「群馬交響楽団特別演奏会 〈コバケンの巨人〉」が、9月28日(土)午後3時から高崎芸術劇場・大劇場で開演となる。今年4月に群響のミュージック・アドバイザーに就任し高崎を沸かせている“炎のコバケン”こと小林研一郎が開館したばかりの高崎芸術劇場で初めて指揮を執る記念すべき演奏会だ。

 

曲目は、ソリストにクラシック界を牽引する高崎市出身の若きスター・金子三勇士を迎えたモーツァルト『ピアノ協奏曲第20番』と、マーラーの傑作『交響曲第1番〈巨人〉』。数々のオーケストラとともに名演を作り上げてきた〈コバケンの巨人〉だが、群響の演奏と“コバケン節”がどんなハーモニーを響かせ新たな歴史を刻むのか、注目の演奏会だ。

 

会場:高崎芸術劇場 大劇場

日時:2019年9月28日(土) 午後3時開演(午後2時開場)

チケット:全席指定 [S席]5,500円 [A席]4,500円 [B席]3,500円

問合せ:高崎音楽祭事務局 TEL.027-322-9195

高崎の都市力 最新記事

芸術劇場で「音楽のある街」が新たな幕開け

ミニ観光で感動再発見(3)

忙しいビジネスマンに最適なリフレッシュエリア

  • シネマテークたかさき
  • ラジオ高崎
  • 高崎市
  • 広告掲載募集中