タカサキダンスフェスティバル

(2020年02月6日)


憧れのカリスマダンサー・振付師が審査

ジャズ、ヒップホップ、ハウス、フリースタイル、チア、ボールルームなどダンスを愛するオージャンルのダンスチームが渾身のパフォーマンスを披露するダンスイベント「タカサキダンスフェスティバル2020」が今年も群馬音楽センターを会場に2月16日(日)午後1時から開催される。

 

ダンスフェスティバルは二本立て。地元高崎市民を中心に構成されたダンスチームがレベル関係なくダンスを楽しみ日頃の成果を披露する『タカサキステージ』が午後1時から、全国から予選を通過したダンスチーム出場し賞を競う『コンテストステージ』が午後3時から行われる。

 

コンテストステージの審査員やステージMCも第一線で活躍するダンサーや振付師、講師など錚々たる顔ぶれ。特に今回審査員とゲストダンサーを務める黄帝心仙人(Koutei Sennin)は、国内外のダンスコンテストで優勝し、自身が振付・出演したCMが世界の広告賞を総なめにするなど世界を沸かせるエンターティナー。

 

ダンスをこよなく愛する参加40組の渾身のパフォーマンスと、憧れの超一流ダンサーの息を飲むステージで真冬の音楽センターが熱くなる。

 

会場:群馬音楽センター

日時:2020年2月16日(日) 午後1時開演(午後0時30分開場)

入場:無料

問合せ:高崎市文化課 TEL.027-321-1203

高崎の都市力 最新記事

  • シネマテークたかさき
  • ラジオ高崎
  • 高崎市
  • 広告掲載募集中