群響第562回定期演奏会

(2020年10月9日)


高関健指揮でスメタナ《わが祖国》

群馬交響楽団の第562回定期演奏会が、10月16日(金)と17日(土)の2日間の日程で高崎芸術劇場・大劇場で行われる。土曜の夜が恒例となっていた群響の定期演奏会だが、ソーシャルディスタンスを確保するため、9月の定期演奏会再開からは席数50%減での公演を行いながら、多くのファンに鑑賞してもらうため同出演者・同演目での追加公演を設けている。

 

今回の公演は、1990~2000年代に音楽監督として群響の飛躍を牽引、現在は名誉指揮者である高関健がタクトを振るい、群響とともにスメタナの連作交響詩《わが祖国》を大劇場に響かせる。またこの公演は、音楽文化の発展を願い国内プロオーケストラを支援するアフィニス文化財団のサポート公演に選ばれており、その中でも特に秀逸で意義がある企画「アフィニス エンブレム」にも選出されている。

 

選出にあたって、「音楽ファンにとって、高関健という指揮者は常に特別な存在だ。」「親しみやすそうでいて、実は超難解な『わが祖国』を読み解くのに、これほど適した指揮者は日本には他にいない。」との絶賛とともに、群響には「新しいホールを得て、かつてない躍進の時期を迎えている。記念碑的な演奏会になるだろう。」と大きな期待がかけられている。

 

当初予定されていた管楽器群を2倍にした倍管演奏の編成については、新型コロナウイルス感染防止対策により、残念ながら通常編成での演奏に変更となってしまったが、マエストロ高関が導いてくれる音楽の新たな世界と、生で味わえる群響のシンフォニーを存分に噛みしめてほしい。

 

なお公演会場では、換気・消毒など徹底した感染予防対策が行われるほか、健康状態申告書をあらかじめ記入した上での来場を呼び掛けている。

 

会場:高崎芸術劇場 大劇場

日時:

①2020年10月16日(金) 午後7時開演(午後6時開場、プレ・コンサート・トーク午後6時30分~)

②2020年10月17日(土) 午後6時45分開演(午後5時45分開場、プレ・コンサート・トーク午後6時15分から)

チケット:全席指定 [SS席]6,500円 [S席]5,500円 [A席]5,000円 [B席]4,000円 [C席]3,000円

※U-18特別料金あり

問合せ:群馬交響楽団 TEL.027-322-4944

高崎の都市力 最新記事

  • シネマテークたかさき
  • ラジオ高崎
  • 高崎市
  • 広告掲載募集中