2020人権を考える市民の集い

(2020年10月16日)


成田真由美さん講演会

高崎市は、すべての人々の人権を尊重し、思いやりとやさしさに満ちた地域社会の実現を目指すために毎年「人権を考える市民の集い」を開催している。2020年は、“「誰か」のこと じゃない。”をテーマに、より自分ごととして捉えた心豊かな地域社会の実現を考える。

今年は11月14日(土)に足門町の市民活動センター・ソシアスを会場に、午後1時30分から人権標語・人権啓発絵画コンクール受賞作品の表彰式及び発表、午後2時15分からはパラリンピック競泳金メダリストの成田真由美さんによる講演会『自分の可能性を求めて』が行われる。

 

脊髄炎の発症により13歳で両下肢麻痺となるが、チェアスキーをきっかけにその後水泳の楽しさに目覚め、4度のパラリンピック大会で“水の女王”と呼ばれる圧倒的な強さで数々の栄光に輝いた成田さん。北京大会の後は一線を退き周知活動や東京大会の招致活動に貢献してきた。一方、自ら泳ぐことでのパラリンピックや次世代育成のきっかけを生み出すため、リオ大会で再びパラリンピックの舞台を目指し3種目で日本新記録を達成した。講演会では、力強い泳ぎと生き方で多くの人を魅了する成田さんから発せられる言葉ひとつひとつが心の糧になるはずだ。

 

参加方法は、往復はがきによる申込で締め切りは10月26日(月)消印まで。入場無料で、手話通訳も行われる。

 

会場:高崎市 市民活動センターソシアス (高崎市足門町1669-2)

日時:2020年11月14日(土) 午後1時30分~午後3時30分

入場:無料 ※応募多数の場合は抽選

申込:往復はがきで高崎市人権男女共同参画課宛てに、住所・氏名(参加希望2名まで)・電話番号と「人権を考える市民の集い」と明記して郵送

締切:10月26日(月)消印有効

問合せ:高崎市人権男女共同参画課 TEL.027-321-1228

高崎の都市力 最新記事

  • シネマテークたかさき
  • ラジオ高崎
  • 高崎市
  • 広告掲載募集中