日本ポーランド共同制作の人形劇

(2018年07月31日)


8/7 高崎シティギャラリーで上演

ポーランドの名門人形劇場テアトル・アニマツィと長野県飯田市の音楽的道化師ユニットが共演する、日本ポーランド共同制作人形劇「4つの季節の物語《PORY ROKU》」が8月7日(火)に高崎シティギャラリー・コアホールで上演される。午前10時30分からと午後2時からの二回公演。

 

この作品は2016年夏のいいだ人形劇フェスタで初演された日本にゆかりのある作品。2018年版はさらに内容が磨かれ、テアトル・アニマツィの俳優に加え日本の音楽的道化師ましゅ&Keiも出演。“サンカク、オンガク、カンカク”が鍵となり、舞台の上では無数の三角形が様々な動きを見せ、生演奏と歌とオノマトペで、訪れる季節の愛にあふれるエピソードが言葉を超越して表現される。

 

高崎市が東京五輪のポーランド代表合宿地に決まり文化やスポーツでの交流が進むなか、言葉を超えたこの人形劇も、お互いを知り感じることのできる素晴らしい機会となりそうだ。

 

 

会場:高崎シティギャラリー コアホール

日時:2018年8月7日(火)

①午前10時30分開演(午前10時開場)

②午後2時開演(午後1時30分開場)

料金:全席自由2,500円

※友の会割引、U-25割引あり

※4歳以上は有料、4歳未満でも席が必要であれば有料

問合せ:高崎シティギャラリー TEL.027-328-5050

高崎の都市力 最新記事

  • シネマテークたかさき
  • ラジオ高崎
  • 高崎市
  • 広告掲載募集中