高崎市が小中学生にマスクを配布

(2020年02月12日)


本日12日から1人に3枚

 高崎市は2月10日、市内の全ての小・中・特別支援学校の児童と生徒2万9,416人に、マスクを配布することを発表した。配布は1人につき3枚で、配布は8万8,248枚。今日12日から配布する。子どもたちは薬剤師の指導の下、マスクの正しい装着方法や感染症予防についても学ぶ。

 新型コロナウイルス(COVID-19)の影響で、高崎市内でもマスクが品薄になっているため、市が備蓄していたマスクの配布を決めたもの(G)。

高崎の都市力 最新記事

  • シネマテークたかさき
  • ラジオ高崎
  • 高崎市
  • 広告掲載募集中