アップリンク・寄付込みオンライン先行上映

(2020年05月15日)


シネマテークたかさきも参加

インディペンデント系作品を発信する東京の映画会社・アップリンクは、自社で配給し全国のミニシアターで公開が予定されていた新作映画『ホドロフスキーのサイコマジック』の劇場公開が新型コロナウイルスの影響で延期になったことを受け、上映を予定していた映画館を支援する「寄付込みオンライン先行上映」を実施、シネマテークたかさきも参加していて、鑑賞料金から分配される形で映画館を支援している。

 

先行上映される『ホドロフスキーのサイコマジック』は、“伝説のカルト映画監督”と言われジョン・レノンからも絶賛された、御年91歳のチリの映画監督アレハンドロ・ホドロフスキーがドキュメンタリーで描く集大成で、昨年のあいちトリエンナーレでも先行上映が行われ話題を呼んだ。

 

精神分析学者エーリッヒ・フロムとともに学んだこともあるというホドロフスキーが、自ら考案した心理療法“サイコマジック”による癒しで究極の映画体験に誘う。これまでのホドロフスキー作品を振り返りながら“サイコマジック”という技法を解き明かすとともに、実際に悩める人々にセラピーが行われている様子や、壮大な社会実験“ソーシャル・サイコマジック”が展開される様子を見ることで、言葉を超越した癒しが映像から押し寄せてくるという。膨大な情報が行き交う今、異次元の映画体験で頭をリフレッシュさせるにはうってつけの作品だ。

 

今回の上映は、アップリンクが運営するオンライン映画館「アップリンク・クラウド」で配信。【通常プラン】1,900円と、より映画館への支援配分が高い【寄付込みプラン】2,500円のいずれかのプランを選んで、PCやネット配信サービスに接続したテレビなどで視聴できる。72時間繰り返し視聴可能。配信期間は5月21日(木)午後2時まで。

 

映画『ホドロフスキーのサイコマジック』特集ページ

https://uplink-co.square.site/psychomagic

高崎の都市力 最新記事

  • シネマテークたかさき
  • ラジオ高崎
  • 高崎市
  • 広告掲載募集中