東口線にペデデッキを建設

(2016年12月14日)

高崎市議会定例会議案書より

中央分離帯に施工

 高崎市は高崎駅東口線のペデストリアンデッキ・第一工区の工事契約を高崎市議会にはかり議決を得た。
 新しく建設する東口ペデストリアンデッキは、現在のペデストリアンデッキから東口線の中央分離帯の上を通し、高崎文化芸術センター(仮称)を接続する。今回建設する第一工区は、高崎タワー21ビルと高崎イーストセンタービルを結ぶCデッキの中央部分から、群馬銀行栄町支店交差点の先までの168・2m。
 高崎市によれば、東口線の歩道の地下にはライフラインが埋設されていることから、中央分離帯の上にペデストリアンデッキを建設することにした。沿線の施設との接続も視野に入れている。
 第一工区の契約相手は戸田建設群馬営業所、契約金額は8億1756万円。竣工は平成30年3月を予定。

高崎の都市力 最新記事

職場環境改善事業を活用(3)

サトキン・町田ギヤー製作所・長井精機

金融機関のビジネスサポート(3)

東和銀行高崎支店

  • 株式会社環境浄化研究所
  • シネマテークたかさき
  • ラジオ高崎
  • 高崎市
  • 広告掲載募集中