上野三碑が世界記憶遺産の国内候補に

(2015年09月24日)

多胡碑
山上碑
金井沢碑

2017年に登録審査

 多胡碑、山上碑、金井沢碑の上野三碑が世界記憶遺産の国内候補に選ばれたことが、24日に日本ユネスコ国内委員会から発表された。
 国内から申請のあった16件から、「上野三碑(申請者:上野三碑世界記憶遺産登録推進協議会)」と大戦中に外交官の杉原千畝氏がユダヤ人に発給したビザの資料「杉原リスト-1940年、杉原千畝が避難民救済のため人道主義・博愛精神に基づき大量発給した日本通過ビザ発給の記録(申請者:岐阜県八百津町)」の2件に決定した。

 上野三碑が選ばれた評価ポイントは、

 短い碑文の中に、古代における家族、社会制度、宗教など、多くの情報が含まれているとともに、当時我が国に流入していた書体が用いられるなど、東アジアにおける文化の受容状況を示すものとして、世界的な重要性が説明されている。
 直径3kmの狭い地域に集中する三つの石碑が、地域の人々によって大切に守られ、保存状態が極めて良好である。
 すでに公開が実施されているほか、ウェブ上で関連情報が掲載されるとともに、外国語による紹介等の作業が進められていることが示されている。
 とされた。
 今後のスケジュールは、来年3月にユネスコへ申請書提出し、2017年夏頃に、ユネスコ国際諮問委員会による審査で登録の可否が決定する。
 高崎市では、上野三碑世界記憶遺産登録推進協議会、群馬県と連携して世界記憶遺産登録運動を推進しており、山上碑、金井沢碑の周辺整備、特設ホームページの開設、ロゴマークの選定などを行っている。
 富岡市長は、候補決定の知らせを受け、「上野三碑の価値が高く評価されたことを大変光栄に思います。高崎市民とともに心から喜んでおります。これまで協議会、群馬県、高崎市が一体となって登録推進活動を進めてまいりましたが、今後も引き続き、平成29年の登録へ向け、活動を行ってまいります。高崎市としても上野三碑の価値を、一層多くの方々に知っていただけるよう、積極的に取り組んでまいります」と話している。

高崎の都市力 最新記事

職場環境改善事業を活用(3)

サトキン・町田ギヤー製作所・長井精機

金融機関のビジネスサポート(3)

東和銀行高崎支店

  • 株式会社環境浄化研究所
  • シネマテークたかさき
  • ラジオ高崎
  • 高崎市
  • 広告掲載募集中