第5回ハルトラが開催

(2017年07月31日)



全国から参加者

第5回榛名山リゾートトライアスロンin群馬が30日に榛名湖畔で開催された。少雨が出走者に影響したが、ほぼ昨年と同規模の参加者数となり、榛名湖を舞台に熱いレースが繰り広げられた。首都圏を中心に東北から関西まで参加者があり、スポーツリゾート榛名を全国に発信している。

スタンダート種目(スイム1・5km、バイク40km、ラン10km、計51・5km)はエントリー504人、出場者418人、完走者390人。

ビギナー種目(スイム0・75km、バイク18km、ラン5km)はエントリー94人、出場者76人、完走者69人。

スタンダード種目と同じ距離を3人で競技するリレー種目はエントリー33組、出場31組、全チーム完走。

キッズ低学年(スイム50m、バイク1・7km、ラン0・6km、計2・35km)はエントリー29人、出場者27人、全員完走。

キッズ高学年(スイム100m、バイク3・4km、ラン1・5km、計5km)はエントリー31人、出場者26人、全員完走。

ジュニア中学生(スイム200m、バイク9・6km、ラン2・9km、計12・7km)はエントリー16人、出場者13人、全員完走。

全種目の合計はエントリー707人、出場者591人、完走者556人、完走率は94・1%。

総合優勝は男子が渡邉優介さん(栃木県・2時間13分04秒)、女子が羽生佐知子さん(群馬県、2時間52分31秒)。

富岡市長は「榛名湖で泳げるのはこのトライアスロンだけです。高崎市民は心から参加者のみなさんを歓迎します」、戸塚宣敏実行委員長は「思いきり泳ぎ、走り、がんばってください」とあいさつし、健闘を期待した。

高崎の都市力 最新記事

ジェトロ群馬事務所に大きな期待

富岡市長に聞く

加速する業務機能の集積

〜高崎への集中が県内経済を牽引〜

  • シネマテークたかさき
  • ラジオ高崎
  • 高崎市
  • 広告掲載募集中