ハロウィンの仮装やミニライブ

(2017年10月25日)


若者がまちづくり

市内の大学生や専門学校生らが企画した「たかさきハロウィン2017」が10月21日に高崎駅西口ペデストリアンデッキなどで行われた。

 

あいにくの雨天となったが、高崎駅西口の高崎オーパ前のペデストリアンデッキに設けられた特設ステージでは、仮装コンテストやミニライブが行われ買い物客を楽しませた。仮装コンテストには、ハロウィンや、映画、テレビ番組のキャラクターなど、本格的な手作り衣装も登場した。フェイスペイントやネイルアートは市内の美容専門校の学生が技術をふるった。ラジオ高崎の特別番組がオーパ内のスタジオから生放送され、出演したタレントのJOYさんの姿がモニターに映り、会場を盛り上げた。

 

富岡市長は「高崎市内は大学や専門学校が多く、学生の若い力をまちづくりに生かされている。今回のハロウィンのようなイベントで、多くの学生の皆さんにまちづくり活動に参加してもらい、高崎のまちに若者を誘導するきっかけになる」と話している。

高崎の都市力 最新記事

ジェトロ群馬事務所に大きな期待

富岡市長に聞く

加速する業務機能の集積

〜高崎への集中が県内経済を牽引〜

  • シネマテークたかさき
  • ラジオ高崎
  • 高崎市
  • 広告掲載募集中