鳴沢湖ワカサギ釣り解禁/箕郷

(2018年10月2日)


来年2月28日まで

鳴沢湖の秋冬の風物詩・ワカサギ釣りが10月1日から解禁し来年2月28日まで営業する。今年から採捕用定置網、自然採卵用水槽、孵化装置など寄贈・導入されて地場産卵の孵化が可能となったので、“鳴沢湖産”のワカサギの釣り上げにも期待できる。

 

去る9月14日(金)午前に釣りインストラクター井上聡氏を招き3時間の試し釣りが行われたが、水温が高くワカサギの泳ぎが速い環境の中でも井上氏はボート釣りで79匹、鳴沢湖関係者は桟橋で10匹の釣果があった。探知機は多くの魚群を捉えていて、今後気温が下がると更に釣果が期待できるとのこと。無料レンタル竿もあり、手ぶらで出かけても気軽にワカサギ釣りを楽しめる。

 

また、この夏からは湖畔遊歩道の未整備区間400メートルが全線開通し湖をぐるりと一周して散歩やジョギングで通行可能となった。鳴沢湖は昭和25年に農業用の貯水池として作られた人造湖だが、上毛の山々に囲まれた美しい景色の静かな場所で、様々な野鳥も生息するなど市民の憩いの場所となっている。さまざまなアクティビティで自然に親しむことができる鳴沢湖に、身近な秋を見つけに行ってみてはいかが。

 

 

《ワカサギ釣り営業》

期間:2018年10月1日(月)~2019年2月28日(木)

営業時間:午前6時30分~午後4時

休業日:火曜日、年末年始(12/29~1/3)

遊漁料:大人510円 ※中学生以下無料

ボート料金:一日2,050円/艘、半日1,540円/艘 ※乗員2人まで

浮桟橋使用料:[大人]一日1,540円、半日1,020円 [中学生以下]1日1,020円、半日510円

問合せ:鳴沢湖釣場管理事務所 TEL.027-371-1124

高崎の都市力 最新記事

  • シネマテークたかさき
  • ラジオ高崎
  • 高崎市
  • 広告掲載募集中