きれいな顔で交通安全見守る

(2018年12月5日)


豊岡小児童がだるま清掃

 1年のすす払いをしようと豊岡小学校の6年生が12月5日、中豊岡町の国道18号沿いに設置されている「交通安全だるま」の清掃を行った。

 98人の児童が参加し、額に汗をかきながら周辺のゴミを拾ったり、だるまの顔を布巾でぬぐったりしていた。はしごに乗って丁寧に顔を磨いていた子は、「だるまにこんなに近づいたのは初めて。雑巾がかなり汚れたので、綺麗になったと思う」と笑顔で話していた。

 「交通安全だるま」は日本一の生産量を誇る「だるまの里」をアピールしようと平成6年、高崎観光協会が設置。高さ1メートル、胴回り2.8メートルの大きなだるまが道路沿いに5体並んで鎮座しており、それぞれ腹に「高崎市」「交」「通」「安」「全」の文字が書かれている。

 児童による年末恒例の清掃奉仕は今年で14年目。伝統文化への意識や地域環境を考えようと実施されている。(O)

高崎の都市力 最新記事

景観が高崎の“思い”を未来につなぐ(3)

まちづくりの取り組みと景観

高崎駅東西ペデデッキを活用

高崎の都市イメージをつくる「高崎の顔」

  • シネマテークたかさき
  • ラジオ高崎
  • 高崎市
  • 広告掲載募集中