女子ソフト 日本代表が高崎で国際大会

(2017年06月28日)

バッティングを練習したいと笑顔で話す上野由岐子選手
大会の成功を固く誓った

8月25日(金)~27日(日)/城南野球場

 日本、アメリカ、カナダ、オーストラリア――世界トップ4の国々が高崎に集う「2017ジャパンカップ 国際女子ソフトボール大会in高崎」が8月25日(金)~27日(日)の3日間、高崎市内の城南野球場で開催される。予選リーグ、決勝の計8試合が組まれ、今年の女子ソフトボール世界一を決める。同大会は2002年に神奈川県で初開催され、今年でちょうど10回を数える。高崎市での開催は昨年に引き続き2回目。

 6月27日には、岸記念体育館(東京都渋谷区)で大会主催者の日本ソフトボール協会による記者発表が行われ、協会幹部や開催地を代表して富岡賢治高崎市長、宇津木麗華代表ヘッドコーチ、キャプテンの山田恵里選手、エースピッチャーの上野由岐子選手、唯一の高校生投手の勝股美咲選手らが大会への意気込みを語った。

 富岡市長は「高崎では市内の経営者が応援団をつくるなど、ソフトボール人気が高まっている。現在、専用球場の建設を進めており、ふるさと納税でも、市内のソフトチームを応援する特別な仕組みをつくるなど、市もソフトボールを応援する。今大会についても市を挙げて歓迎したい」とあいさつした。

 ビックカメラ高崎の監督も務める宇津木麗華ヘッドコーチは「一市民として、高崎で日本代表の監督ができることは非常に光栄。高崎のチームからも選手・コーチをたくさん選んでおり、魅力あるプレーを見せてくれると思う。市民の皆さんにぜひ会場に足を運んでもらいたい」と熱く意気込みを語った。

 活躍が期待される上野由岐子選手(ビックカメラ高崎)は、「高崎市はスポーツに力を入れているまちなので、その勢いに負けないよう熱い熱い試合を見せたい。監督からは打撃も期待されているので、今日から練習したい」と笑顔で抱負を述べた。(G)

[チケット(一日券・全席自由)]
金額=一般2,000円(当日2,500円)、中・高校生600円(当日1,000円)、小学生以下無料
販売場所=城南野球場、高崎市役所8階スポーツ課ほか各プレイガイド
[大会概要]日本ソフトボール協会のホームページ

高崎の都市力 最新記事

ジェトロ群馬事務所に大きな期待

富岡市長に聞く

加速する業務機能の集積

〜高崎への集中が県内経済を牽引〜

  • シネマテークたかさき
  • ラジオ高崎
  • 高崎市
  • 広告掲載募集中