高崎ドリームス・八幡フレッシュが全国へ/小学生バレー

(2017年12月14日)

高崎ドリームス
八幡フレッシュ

来年3月に群馬県で開催

 第15回日本スポーツ少年団全国大会の群馬県予選となる第33回会長杯群馬県バレーボール小学生大会(主催:群馬県スポーツ協会・群馬県スポーツ少年団)が12月10日、子持体育館(渋川市)で行われ、本市の高崎ドリームスと八幡フレッシュの2チームが、来年3月に本県で開催される全国大会への出場を決めた。全国大会への出場は通常1チームだが、今大会に限っては開催県のため2チームの参加が認められており、高崎の女子チームが独占した。

 同大会には、男子10チーム、女子71チームが参加。11組に分かれトーナメント型式で各組ごとに優勝を決める。最も強いチームが集まる女子Aの10組を高崎ドリームスが、11組を八幡フレッシュが制した。男子は藤岡未来が優勝した。

 八幡フレッシュのキャプテン・佐藤花穂さんは「全国大会出場を勝ち取るために頑張ってきた。試合では不安なことや苦しいこともあったが、仲間と励まし合いながら乗り切ることができた。3月の全国大会は地元群馬なので、思い切り頑張りたい」と意気込みを語った。

 第15回日本スポーツ少年団全国大会は3月25日(日)~28日(水)、ALSOK群馬アリーナで開催される。(G)

高崎の都市力 最新記事

ジェトロ群馬事務所に大きな期待

富岡市長に聞く

加速する業務機能の集積

〜高崎への集中が県内経済を牽引〜

  • シネマテークたかさき
  • ラジオ高崎
  • 高崎市
  • 広告掲載募集中